ヨーグルトとは〜乳酸菌たっぷり

ヨーグルトとは、牛乳に乳酸菌を混ぜることで発酵し、タンパク質を固めたクリーム状の加工品です。

 

一般的に販売されている商品は、牛乳を利用していますが、ヤギの山羊乳などでもヨーグルトを作る事が可能なのです。

 

ヨーグルトと言っても、その種類はとても多くあります。フルーツが入っているものもあれば、甘くしてあるもの、プレーンの物など様々です。

 

ヨーグルトは健康に良いと言われていますが、甘くしてある物を多く摂取すると過糖と言う事になりますので注意が必要です。

 

ヨーグルトには、2つの種類の菌が利用されていると言います。1つはブルガリクス菌と呼ばれるもので、もう1つはサーモフィラス菌と呼ばれるものです。

 

一般的に売られている商品は、この2つの菌が利用されて製造されているのです。

 

また、ヨーグルトを作る時は、牛乳にスターターと呼ばれる種菌を入れるのですが、種菌はブルガリクスと、球菌のサーモフィラス菌が使われていると言います。

ヨーグルトには様々な効果〜牛乳と乳酸菌の効果

ヨーグルトは牛乳を乳酸菌や酵母菌で発酵させて作ります。

 

このヨーグルトにはさまざまな健康効果があると最近注目を浴びています。

 

まず、ヨーグルトの成分である牛乳成分。豊富なたんぱく質とカルシウム。またビタミンAをとることができます。とくに牛乳を飲むと下痢になりやすい方でもヨーグルトならば大丈夫という方も多いのでうれしいところですね。

 

次にヨーグルトに含まれている乳酸菌の効果です。乳酸菌にはビフィズス菌など善玉菌を増殖させて腸内環境を改善する効果があります。

 

またコレステロール値を下げる効果、ダイエット効果などがあり健康を総合的にサポートすることができます。

 

さらに最近注目を浴びているのが人間の免疫機能向上効果です。これにより外部からの病原菌に負けない体を作るばかりかアレルギーなど免疫機能障害によって起こるトラブルをかいぜんしてくれるのです。